夏本番!このシーズンといえば、
暑い日は子供は水遊びが大好きですね。
でも実は、大人も水遊びが好きなんですよね〜。
プールに海、川や湖にウォーターパーク、ウォーターイベントなど。
濡れるイベントがある場所へ行くときに普段のバッグではちょっと、、、、
そうなんですよ、ナイロン素材やポリエステル素材系のもを使うのであれば特に気にすることも少ないのですが、
キャンバス系や合成皮革、革製品のバッグを持っていくには気が重いかと思います。

こんなときは迷わずターポリン系の素材を使ったバッグがあれば非常に便利です。
バッグ自体の作りや仕様にもよりますが、ターポリン素材自体の表面は防水になっているのが一般的です。
水に濡れてもはじいてくれます。また濡れても拭き取りやすい利点があります。
水辺に強いんです。

とにかく細かいことは気にしなくていい。
濡れることや、多少の汚れや、ビーチでバッグを地下置きして砂が付く心配もしなくていいのです。

たくさん水遊びをしたら帰りはくたくたです。
帰り支度もめんどくさい、早く帰りたいですよね。
多少濡れたものや、砂が付いたものはサクッとバッグに入れ込んで帰りましょう!
中に入った砂は、水で洗い流せます!濡れていれば陰干しで乾かせます!
それがとても楽なんです。

*ターポリン素材は経年劣化しやすい素材ですので、保管には注意が必要です。
 色の濃いものと接地して保管すると、色移行しやすく、他の色を吸収する場合がございます。
 日光(特に紫外線)が当たる場所での保管は、ヒビ割れや表面剥離など痛みが早くなります。
 他のものと接地したいよう、日の当たらない場所で保管して下さい。
 折れ曲がって、折りジワが入るような保管をされた場合、その部分が劣化しやすくなります。

*ターポリン自体は防水性が高い素材です。但し、バッグ自体の作り、仕様によってはこの防水性を発揮出来ない場合がございます。
 一般的な仕様では、ミシンの縫製部から水がシミ込みます。
 また止水用の防止専用ファスナーを使っていてもミシン縫製部が防水仕様になっていなれば意味がありません。
 防水素材を使っていても、バッグ自体が防水バッグとはなりません。ご注意下さい。

*海水が付着したまま長時間放置すると劣化を早める原因にもなりますので、出来る限りお早めに軽く真水で流して水気を拭きとって下さい。

海とプールだけじゃなく、山でも公園でも大活躍。

汚れるのを気にしてたらアウトドアは楽しめない!
キャンプやバーベキュー、ピクニックや公園ランチを楽しむときはこのトートバッグが大活躍。
好きなものたくさん詰め込んで、さあ、お出かけしよう!

バッグ本来の仕事とは
世の中にはバッグとうものは相当な様々な形のものがあります。
トートバッグ、ショルダーバッグ、ハンドバッグ、キャリーバッグ、クラッチバッグなど、これら全般をバッグと読んでいます。

本来は日本語では『かばん』と読んでいるものです。

近年ではシーン別、コーディネート別など、TPOの用途によってバッグの種類や色を替えるのが一般的ですが、
一世代前などは一人で2.3個のバッグがあれば大半は間に合うか、もしくは、半ば強引に合わせて持っていたように思います。

私自身も出かけるときは、大きめのリュックかトートバッグの中に必ずと言っていいほど、
ミニショルダーバッグかサコッシュにメインのサイフとスマホやカギ類を入れて2個持ちしています。
(出かけ先での、ちょい出に大きいバッグは邪魔で行動性が悪いので、小さいバッグで2個持ちがやめれない、、、)

バッグ本来の使い方は、単純明快で
荷物を詰めて、どこかへ運び移動する。
複数個のものをまとめて持ちやすくする。
これがバッグ本来の仕事であると考えています。

そうなると、様々な用途で一番使いやすく重宝するのが、
ザックリとした作りのシンプルなものがなんでも詰めて持ち運べるので便利なんです。

用途が明確で、専用の仕様で作られた機能的なバッグはもちろん必要です。

ですがなんと言っても一番使えるのが大型トートバッグなんです。

汚れも気にせず、気を使わないで使える大きめトートバッグが1個あれば必ず役に立ちます。

そんなバッグをひとつ見つけれたなら、見つけていない人より幸せなんじゃないかと思いたいです。

濡れても、砂が付いても 拭けば大丈夫!
濡れるかも、砂が付くかもと気になりますが、濡れたら拭けばOK。
砂が付いたら払えばOK。

濡れて更に、砂が付いてべちゃべちゃ、、、、、大丈夫です拭けば取れるのです。
(乾いたら払えば取れます。)

*縫製部から水が中にシミ込みます。ご注意下さい。(完全防水仕様ではございません。)
*縫製部の隙間に砂が入り込んだ場合は、砂の粒が残る場合がございます。

いろいろなシーンで使える喜び。
こんなターポリン素材を使ったビーチシリーズですが、

水辺での活躍っぷりとお役立ち感は、お伝えしたとおりです。

ですが。

これら以外でも実用的に使えるのです。

天気予報で、「ちょっと雨降るかも。」雨かもしれない日や、雨の日は、子育てママや育メンパパにはおっくうになりますよね。
私自身、車じゃない日の雨が嫌でした。
こんな時はWハンドルトートバッグが役に立ちます。
大きさ自体、ママトートして十分な大きさがあり、トート最大の利点の出し入れがしやすい、中身が見やすい。
そして一番がWハンドルなので肩に掛けれます。傘との併用がしやすいです。
疲れたら短いハンドルで手で持っても、バッグが地面に着く心配もありません。

また、キャンプやピクニックでは、ザックリ大容量を活かしてストレージバッグとしても使えます。
地下置きしても気にしなくていいので、キャンプギアなど詰め込んでいけばらくちんです。

そして、これは私がおすすめしたいのが釣りです!
釣り場へ行くときのバッグとして使ってます。
潮がかぶる時もあれば、水に濡れ、地下置きすることがほとんどです。
着替えやタオル、少ないタックルであれば一緒に入ります。

そうなんです、使い方はいろいろ。
使う方のライフスタイルで用途は変わりますが使えるんです、このバッグ。

いろいろなシーンで使える喜び。

感じてもらえたらうれしいです。

 
特徴的な台形のブランドネーム。
DAY OUTブランドの証です。

大地にしっかりと突き刺さるペグ。(その場にとどまる強い意思。)
風にゆらぐフラッグ。(存在することを報せる。)
そしていずれスタンダードになる。

台形ネームタグに込められた思いです。

丁寧な縫製

 
素材は雨や水に強いポリ塩化ビニール素材です。

素材表面は撥水性、防水性に優れていますが下記の注意が必要です。

バッグ自体の作り、仕様によってはこの防水性を発揮出来ない場合がございます。
一般的な仕様では、ミシンの縫製部から水がシミ込みます。また止水用の防止専用ファスナーを使っていてもミシン縫製部が防水仕様になっていなれば意味がありません。防水素材を使っていても、バッグ自体が防水バッグとはなりません。
ご注意下さい。

ターポリン素材は経年劣化しやすい素材ですので、保管には注意が必要です。
色の濃いものと接地して保管すると、色移行しやすく、他の色を吸収する場合がございます。
日光(特に紫外線)が当たる場所での保管は、ヒビ割れや表面剥離など痛みが早くなります。
他のものと接地したいよう、日の当たらない場所で保管して下さい。
折れ曲がって、折りジワが入るような保管をされた場合、その部分が劣化しやすくなります。

しっかり留めてガタつきを防ぐ

 
天口は安心のファスナータイプです。
ビスロンファスナーを使用していますので片手でスムーズに開閉が出来ます。

内側には同じくビスロンファスナーのポケットが1箇所背面側に付いています。
天口のファスナーが開いた状態の時は、ポケットのファスナーが天口ファスナーで隠れて外から見えにいようになっていますので、一見ではポケットと認識されにくく防犯面で少しだけ安心です。

*荷物から離れる場合は貴重品はロッカーなどに必ず預けて下さい。

裏地の手入れもササっと簡単

 
底部にも同じターポリン素材を使用していますので砂地や水辺でも直置きが出来ます。
乾いた布で払えば砂は落とせます。また濡れた場合でも乾いた布で拭き取ることが出来ます。

*但しバッグ自体の構造上、ミシン目や生地の継ぎ目から水気が入り込みますのでご注意下さい。

WHITE ホワイト

BLACK ブラック

品番 DO-001
素材 ポリ塩化ビニール
サイズ W54cm / H32cm / D15cm
カラー ホワイト / ブラック
重量 466g
使用上のご注意
ターポリン素材は経年劣化しやすい素材ですので、保管には注意が必要です。
色の濃いものと接地して保管すると、色移行しやすく、他の色を吸収する場合がございます。
日光(特に紫外線)が当たる場所での保管は、ヒビ割れや表面剥離など痛みが早くなります。
他のものと接地したいよう、日の当たらない場所で保管して下さい。
折れ曲がって、折りジワが入るような保管をされた場合、その部分が劣化しやすくなります。
ターポリン自体は防水性が高い素材です。但し、バッグ自体の作り、仕様によってはこの防水性を発揮出来ない場合がございます。
一般的な仕様では、ミシンの縫製部から水がシミ込みます。
また止水用の防止専用ファスナーを使っていてもミシン縫製部が防水仕様になっていなれば意味がありません。
防水素材を使っていても、バッグ自体が防水バッグとはなりません。ご注意下さい。
海水が付着したまま長時間放置すると劣化を早める原因にもなりますので、出来る限りお早めに軽く真水で流して水気を拭きとって下さい。
縫製部から水が中にシミ込みます。ご注意下さい。(完全防水仕様ではございません。)
縫製部の隙間に砂が入り込んだ場合は、砂の粒が残る場合がございます。

DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ
DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ
DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ
拡大画像

DO-001 / W handle Tote Bag / Wハンドルトートバッグ

商品番号:DO-001
価格:3,960
 
送料について

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
ホワイト
ブラック
個数
 
かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ